肉割れや妊娠線やセルライトは違いがあるので間違えるとケアの効果がない

 

お腹・太もも・お尻・二の腕・膝裏・背中・胸など皮膚のある場所であれば、赤い線や白い線ができてしまうことがあります。

 

しかし、これらは脂肪線やデブ線をはじめ、4つの呼び方があります。

 

  1. 肉割れ
  2. ストレッチマーク
  3. 妊娠線
  4. セルライト

 

これらは呼び方が異なりますが、同じことを指していることも多かったりします。

 

しかし、似ているけど違いがあるのも入っているため、あなたがどれに悩まされているのかを見極めなければ、間違ったケアをして効果を実感できないなんてことにもなります。

 

この記事ではこれらの肉割れやセルライトの違いや見極め方が分かるようになっています。

 

ストレッチマーク・肉割れ・妊娠線は同じ

 

皮膚に赤い線や白い線ができる症状の中でも下記の3種類は全て同じ症状のことを言います。

 

  1. ストレッチマーク
  2. 肉割れ
  3. 妊娠線

 

これらの3種類の症状はどれも正式名称としては「線状皮膚萎縮症」と呼ばれます。

 

一般的に使われている名前がストレッチマークや肉割れなのですが、きちんとした呼ばれ方があるのですね。
そして、これらは同じ症状となり、人によって認識が違いますが、原因や使われるクリームも同じものとなります。

 

共通している原因としては内側の皮膚が、からだの成長速度についていけずに切れることです。
ただ、呼ばれ方に関しては何が原因になっているかで変えています。

 

肉割れは脂肪や太ったことで呼ばれる

 

脂肪や筋肉の増加が原因となって、内側の皮膚が切れると肉割れと呼ばれています。

 

食生活や運動不足により太れば脂肪が増加をします。
ここまでは問題がないのですが、人によっては短期間で太ってしまい、急激に体系が変化をしてしまうことがあります。

 

そうなると内側の皮膚が成長する速度に耐えられる切れてしまいます。
これを肉割れと一般的に呼ばれており、デブ線や脂肪線と使われることもあります。

 

特に肌が乾燥をしていると弾力が失われていて、肉割れができやすい原因にもなり、痩せているのに肉割れ線がある人もいます。

 

妊娠線は妊娠したお腹の膨らみで呼ばれる

 

妊娠をしてお腹が膨らんで内側の皮膚が切れる症状を妊娠線と呼びます。
太ももや胸などお腹以外の部位にもできることもありますが、その時に妊娠をしていればこの呼ばれ方が使われます。

 

赤ちゃんの成長速度は速いので、お腹の皮膚が切れてしまう人が多いです。
ただ、妊娠中は運動不足やストレスなどもあり、太ってしまう人もいます。

 

そのため、胸や太ももなど別の部位が切れてしまうこともあります。

 

妊娠をしたのが原因としてかかわっている時に、妊娠線と呼ばれるのですね。

 

ストレッチマークは海外の呼び名で日本でも一部使われる

 

ストレッチマークは日本でも使われますが、正式には海外で使われている名称です。
主に妊娠線の海外名となっています。

 

また、マタニティクリームなどの名称で販売されていることもありますが。これも同じことです。

 

この辺りはクリームの販売者側や、雑誌などの部分がかかわっているのではないかと思います。

 

妊娠線クリームとして販売をしても、世の中には様々なのが販売をされています。

 

そこで海外名称のストレッチマーククリームなどと呼べば、人間の心理的に注目がされやすいなどが関係しているのではと思います。

 

日本でもストレッチマークと呼ばれますが、実際は海外で呼ばれていたのを使うようになっているだけです。

 

セルライトは老廃物が原因で違いがある

 

似た症状ですが、ストレッチマーク・肉割れ・妊娠線と全く違うのがセルライトです。

 

セルライトの原因は老廃物で見た目に関しても少し違いがあります。

 

そのため、内側の皮膚が切れている訳ではないので、治すことができる症状でもあります。

 

セルライトの有効的な方法としてはマッサージをして代謝を促したり、ダイエットや肌のケアをしていくことです。

 

主にストレッチマーククリームを使ってケアをしていくのが一般的です。

 

そのまま肌をマッサージしても引っかかってしまい、刺激を与えてしまい逆効果となってしまいます。
そのため、クリームを塗りながらマッサージをしていきます。

 

肉割れとセルライトを見分ける方法

 

肉割れとセルライトを見極める方法について紹介をします。

 

基本的に肉割れは赤や白や紫の線ができる症状です。

 

見極める時に重要なのがこの「線」です。

 

これらの症状は皮膚の切れ目が炎症をしていたり、透けているので「線」となって見えます。

 

しかし、セルライトは老廃物が原因となっているので、ボコボコと凹凸が不規則にできています。

 

肉割れかセルライトか見極めるなら線になっているかでわかります。

 

共通しているのはクリームでケアをしていくこと

 

ストレッチマーク・肉割れ・妊娠線・セルライトは薬が販売されていません。

 

そもそも前者の3つは治すことができない症状でもあるからです。

 

ただ、だんだんと目立たなくはなってくるので、消す為にケアをしていきます。

 

これらの症状をどうにかしたいのであれば、共通しているのはクリームでケアをすることです。

 

クリームを塗って肌を保湿したり、美容成分を補給することで肌の働きを高めます。

 

肌が本来持っている働きをクリームで促進させることが大事なのですね。

 

まとめ

 

肉割れや妊娠線やストレッチマークは呼び方が異なりますが、全て同じことを指しているのですね。

 

しかし、セルライトは違いがあるので、見た目も異なってきます。

 

どれもクリームでのケアで共通はしているものの、原因が違うので解消の仕方には違いがあります。

 

そのため、間違ったケアをしない為にも、あなたが悩んでいるのが肉割れなのかセルライトなのか見極める必要があります。

 

そして、自分がどれか分かったのであれば正しい方法でケアをしていくようにしましょう。

 

トップへ戻る